神田KADOUCHI

OWNER | 千代田ゴム株式会社
所在地 東京都千代田区神田鍛冶町3-7-1
建物 地上10階建、地下1階付
延床面積 981.818m2
  • 有効活用
  • 運営管理
  • マーケティング

カテゴリ:スクラップ&ビルド、リーシング、プロパティマネジメント、テナントディレクション、ブランディング

大通りに面した角地、神田駅徒歩2分という好立地の不動産を所有するオーナー様より、「ホテルを建設したい」というご相談をいただきました。

事業検証をするためマーケット調査をしたところ、ホテルのマーケット自体はあるものの、今後エリア内に多数のホテルが建設される予定であることが判明。対象物件は延床面積約297坪でホテルとして規模が小さいことから、競争優位性が生まれづらいことが予想されました。

「長期に渡って安定的に事業を継続すること」が重要だったため、改めてホテル以外の可能性も含めて調査・検証をおこない、1Fを店舗、2F以上を事務所にするプランをご提案。さらに住宅を誘致する条例が千代田区にあったため、上層階を住宅にして容積率をUPする計画を立てました。

神田鍛冶町という江戸時代から続く歴史ある町で、単なる「収益性の高い物件」を建てるだけでなく、地域・入居者様・オーナー様のすべてに価値のある不動産を作りたいと考え、事業企画・設計からブランディング、リーシングマネジメント、プロパティマネジメントまで一気通貫でご提案、お手伝いさせていただくことになりました。

銅板を配した印象的なファザードで街並みに配慮。1Fは開放的なデザインを取り入れ、地域に賑わいをもたらす飲食店を誘致しました。いわゆる「雑居ビル」が多いエリアですが、2F以上はデザイン性と機能性を備えた、合理的で、かつ「住まいとオフィスの中間」のような居心地の良い小規模オフィスを作ろうと考えました。
エレベーターを降りてすぐに土間を設け水回りを集めて中間スペースにし、使い勝手を考慮してトイレを2つ設置。
また希望があればキッチンを後から追加できるようスペースを設け、その奥に事務所としての執務空間が続くレイアウトを採用、スケルトンの天井と2面採光の大きな窓によって開放感ある空間を創りました。

プロパティマネジメント業務では、通常のメンテナンスに加えて、入居者様には2年に1度の「神田祭」のご案内をしたり、オーナー様と一緒にお神輿を担いで地域のお祭りに参加するなど、良いお付き合いをさせていただいています。